ビジネスクラスの朝食及び特別食

ビジネスクラスの朝食及び特別食

機内食もビジネスクラス{エグゼクティブクラスとも呼ぶ}になりますと機内食はエコノミークラスとは内容が大きく変わってきます。
メインのディナーはエコノミークラスでは小さなトレー一杯にセットされた料理が一回で提供されますがビジネスクラスでは前菜から始まってメインディッシュ、副菜、デザートなどとあたかも高級レストランのような順番で提供されます。

 

銀座にある接待にうってつけの鉄板焼き

 

ドリンク類もサケ類を含めて全てが無料ですが、一つ上のファーストクラスではドン・ペリニヨン等の高級シャンパンも用意している航空会社もあります。
朝食も各航空会社によって内容はマチマチですが基本的にはランチやディナーよりも軽い軽食が基本になっております。
国際線での朝食は到着前の2回めの食事として出されますが、到着時間によって朝食とは呼ばないで「リフレッシュメント」などと呼んでいます。
一例をあげますとコーンへレークやオートミールなどのシリアル食品とパン、サンドイッチ、お粥、オムレツ、おにぎり、フルーツやヨーグルトなどのデザート・・・などの中からお好みで選択できるようになっています。

 

 

 

また、現代社会では食物アレルギーなどの問題や宗教上で禁止されている食材問題もありますし、ベジタリアンも多くなっておりますので航空会社の機内食を準備する側の対応もキメ細かくしなくてはなりません。

 

 

 

また、健康上の理由で「減塩食」や「低カロリー食」「繊維質の多く含まれる食事」「糖尿病のための低カロリー食」「低コレストロール食」なども用意しています。
さらに、食中毒等が操縦士や客室乗務員にも一度にかかって混乱しないように、機内食は安全を優先してお客様とクルーの機内食とは別のものを提供するようになっています。