機内食のカロリーは高くない

機内食のカロリーは高くない

国際線の機内食には宗教上の理由やカロリーを気にする人のためにムスリムミール(イスラム食)やベジタリアンミールなどが用意されています。また変わったところではフルーツ食(Fruit Platter Meal)と呼ばれるフルーツだけで構成されたメニューを出す航空会社もあります。このフルーツ食はボリュームはそれなりにあるのですが,文字通り果物だけですからカロリーは大変低く、ダイエット中の女性には大変喜ばれているようです。もちろんこうしたメニューを出してないところもありますが、欧米系の航空会社ならすべての便に備えられていると考えていいでしょう。

 

 

 

ただしこの食事をするためには予約が必要です。予約の時間は会社によって違いますが、たとえどこであっても出発の96時間前までに予約すれば大丈夫です。予約の際には「フルーツプラッター」の名前をはっきりと指定してください。【機内食のカロリーは普通500〜700キロカロリー】機内食のカロリーが気になる方はインターネット検索で「機内食・カロリー」と入力すると、栄養士がきっちり計算した数字が出てきます。

 

 

 

飛行機の機内食は客の健康を考えて徹底した温度管理が行われている上に、提供時間についても厳しい管理のもとに厳密に行われています。また本人の健康上の都合などで機内食がとれない人には、「サンドイッチ」など、液体を伴わない軽食の持ち込みも認められています。

 

 

 

一見何気なしに行われている機内での食べ物サービスですが、そこには乗客の健康のためにカロリー計算をはじめ衛生管理などに対して万全の注意が払われているのです。