機内食の魅力は何だろう?

機内食の魅力は何だろう?

人にとって”食べる”ことは大きな魅力の一つです。それも常日頃食べているパターンのメニューではなく、違った形の、いわば「非日常的」な特別メニューともなると、その魅力は倍増するのではないでょうか。

 

忘年会ならこちらがおすすめ!

 

非日常的といえば「機内食」もその一つです。乗り物での食事といえば「列車食堂」がありますが、でもこちらの方は日本国内ではなぜか減少気味であり、以前のようにどの列車でもというわけにはいきません。でも飛行機は違います。少し飛行時間が長い便だと国内線でもついていますし、国際線となればほとんどの便で機内食はついています。その機内食ですが、航空会社が違えば機内食も違うというふうに、まるで街のレストランのように、いろいろな種類の違ったメニューが味わえます。

 

西麻布で一番好きな焼肉

 

【機内食の魅力はなんと言っても国際色が豊かなこと】私たちは国内にいても日ごろいろいろな国の民族料理を味わうことができます。特に大都会に住む人ほど、店の数が多いだけにより多くの国の食事が味わえます。でも飛行機の国際線に乗ればたとえ民族レストランなどない地方の小さな町に住んでいる人でも世界中の料理が味わえます。それがたとえ日本の航空会社であっても、復路は外国発になりますから、機内食は現地で作られたものが多くなり、食材はもちろん味付けも現地のものになるからです。

 

貸切におすすめなのはこちらのお店!

 

具体的に言えば、インド発だと、カレー味などの香辛料に強い味、イタリア発だと、とびっきりおいしいパスタ料理というふうになるのです。機内食の魅力はまさにこれです。あなたも国際線の機内食で世界の味を楽しんでみてはいかがですか。