格安航空会社の機内食は有料

格安航空会社の機内食は有料

このところ”格安”航空会社の台頭が目立っています。最初は国内線がほとんどであったこうした航空会社も次第に国際線を持つところが増えてきています。こうした格安高級会社の国際路線にはもちろん一般の航空会社と同じように機内食のサービスがついています。

 

浅草雷門き介 神保町店

 

ただし航空運賃が安いだけに機内での飲食物はすべて有料になっていますから、当然食事の方も有料です。でも航空運賃と同じように値段は格安で、その価格は街の食堂で食べるのとなんら変わらないぐらいです。【格安航空会社の機内食のメニュー、その内容と値段は?】格安航空会社の機内食は有料ですが、そのメニューはお弁当形式になっているものが多いようです。

 

彩り個室居酒屋 蒼の雫 ‐あおのしずく‐福岡天神店

 

こうした航空会社の場合、たとえ国際線といっても、飛行時間の比較的短い路線が多いせいか、どちらかというと軽い食べ物が多いようです。内容的にはお弁当形式になっている「ソバのセッ」トとか、スープのついた「パンセット」などがメインになっています。したがってたいていの品物が1000円以内で、それ以上のものはほとんどないようです。こうした機内食は航空会社が作るのではなく、大手外食チェーンなどのケータリング部門が製造したものを機内に持ち込んで販売しているのです。

 

名古屋で二次会のお店を決めよう!

 

したがって値段が安いとは言え、作る会社が大手で名の通ったところだけに製品の安全性は完璧ですから安心して食べることができます。とにかく格安航空会社を利用すると航空運賃だけでなく、機内食も安上がりになりますから、本当の意味でエコノミーな空の旅が満喫できるのです。