激しい競争の中での機内食づくり

激しい競争の中での機内食づくり

機内食は1919年にハンドリー・ページ・トランスポート(現・ブリティッシュ・エアウェイズ)がロンドンとブリュッセル感の飛行で提供したのが始まりになっているそうです。
現在では機内食は一般的には航空券の料金に含まれているのですが、航空会社によっては有料で提供しているケースもありあます。
機内食も短距離の路線では1〜2回の機内食が出されますが、決められた料理以外にも菜食主義者向きの機内食やサンドウィッチやうどんカップ麺などを用意している航空機もあります。

 

 

 

普通は行きのフライトと帰りのフライトでは別の機内食会社で作ったものが載せられますが、近距離の路線では往復分の機内食を載せる場合も有ります。
機内食は殆どの場合が航空会社の子会社が調理している場合がおおいのですが、中には外食産業が手がけているケースも有ります。
近年は各航空会社間の競争が激しくなっておりますので、航空会社の中には有名ホテルや高級料亭の調理長に献立作りのアドバイスをもらっていることも有ります。
しかし、一番の問題は狭い機内の座席での食事提供ですから小さなスペースに、それも一度でサービスする必要がありますので器の形やセットの方法も決められた中での料理になりますので、献立にも自ずと製薬の範囲でしか創作できないという点が有ります。

 

http://r.gnavi.co.jp/a058423/

 

一流レストランや一流料亭の調理長がアドバイスしても、本来の高級な器に盛り付ける仕事とは根本的に違いますし、温かいもの冷たいものを分けてだせる状態にも有りません。
しかも事前にセントラルキッチンで大量に作っておいて、機内では一部を温めて出すことしか出来ません。

 

 

 

このような制約下で美味しい機内食を作ることは簡単なことでは有りませんので、一流料亭やレストランシェフがアドバイス出来る範囲も限られてきます。