機内食を改善する条件

機内食を改善する条件

確かに飛行機の中では同じ物を食べても地上のレストランで食べるよりも味覚が落ちることがあることは理解出来ます。
1万メートルもの高度を飛行していると気圧の低さで体に変調をきたしていますので体のほうの味覚も落ちていますし、エンジン音などの騒音で聴覚も麻痺しています。
狭い機内の座席で長時間もじっとしていると血液を始めとする体液の循環機能も落ちておりますので全ての感覚器官にも変調がおきております。
料理を美味しく味あうには料理自体の味付けも大切ですが、味覚を感じる方の身体の感覚器官が正常であることが重要になります。
人の顔には上から目があって次に鼻、口があり、サイドには耳が配置されております。

 

錦糸町でよく行く居酒屋です個室がオススメです

 

料理を感じる器官はこの感覚器官の全てが機能して料理を美味しく感じています。
綺麗な器に美味しそうに盛り付けられて出てきた料理を初めに目で見て感じます。
次に鼻の嗅覚が働いて美味しそうな匂いを感じます。

 

ほむら

 

サイドの耳は周囲の雰囲気を音という形で感じてリラックスして料理を食べる気持ちを高めてくれます。
最後に口に入っての食感と味を感じて料理全体の味覚を体全体で評価します。
航空機の中では気圧の変化や機内の空気の乾燥状態と飛行中の騒音や振動で、しかも狭い機内の座席で体を動かせないための体の変調では同じ料理も美味しく感じられないという問題もあります。

 

 

 

例えば目隠しをして鼻をつまんで耳栓で音を遮断した状態で料理を食べても美味しくは感じられない事と同じ状態にあります。
機内食の調理とサービスにはこのような状態の中での献立と調理法の」あり方、サービス方法についての研究が必要になります。