エグゼクティブクラスのディナーの献立

エグゼクティブクラスのディナーの献立

航空機会社によって座席のクラス分けの名称が異なる場合があります。
一般的には一番金額の低いものから高額なクラスの向かってエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの順にクラス分けしていますが、中には日本航空のようにビジネスクラスとをエグゼクティブクラスと呼んでいる航空会社もあります。
商用などでエコノミークラスで何回も旅行している方はマイレッジ会員としてのポイントが溜まりますのでポイントを利用してエコノミークラス料金をアップグレイドしてエグゼクティブクラスの席に乗っていることが多く有ります。
何れにしてもエグゼクティブクラスではエコノミーとは違ったランク上の機内食が提供されますし座席も広くなっていますのでテーブルも広く機内食もバラエティーに富んだものが出てきます。

 

 

 

日本航空の場合を例にしますと長距離国際飛行のエグゼクティブクラスの機内食は、初めに種類も豊富なワインメニューやビールなどを含めたアルコール類の注文から始まリます。
当然ですがアルコールのダメな方のためのソフトドリンク類も用意されております。
料理の方は基本的にはレストランなどのコースメニューと同じような順番で提供されますが、3〜4種類の中から選択できるようになっております。
食前酒から始まって、カナッペ、前菜?オードブル、スープ、サラダ、メインディッシュ、副菜、パン、チーズ、デザート、果物、ケーキ、アイスクリーム、コーヒー・紅茶、チョコレートなどのように盛りだくさんの料理が出てきます。

 

今、銀座で和食が人気です!

 

日本航空でのエグゼクティブクラスの前菜の一例を上げますと、5種類の前菜とマグロとイカのにぎり寿司がでます。
メインディッシュにはビーフステーキにガロニの野菜が盛られたものか、白身魚のムニエルタルタルソースなどが供されることが多くあります。

 

 

 

 

エグゼクティブクラスのディナーの献立関連ページ

ビジネスクラスの朝食及び特別食
ビジネスクラスの朝食及び特別食
機内食多様化時代の綿密な準備
機内食多様化時代の綿密な準備
激しい競争の中での機内食づくり
激しい競争の中での機内食づくり
こんな機内食があったらうれしい。
こんな機内食があったらうれしい。
機内食にも総選挙があった!。
機内食にも総選挙があった!。
美味しすぎると評判のシンガポールエアライン。
美味しすぎると評判のシンガポールエアライン。
機内食のどこに工夫をするか?
機内食のどこに工夫をするか?
空の上のレストランを実現するために。
空の上のレストランを実現するために。