機内食のメニュー「エコノミークラス」

機内食のメニュー「エコノミークラス」

機内食は狭い航空機の中の座席部分に取り付けられている折りたたみ式の小さなテーブルの上に配膳するようになっています。

 

 

 

大型の航空機では決められた時間内で350人から450人ものお客様にサービスするのですからトレーにセットされた料理を1回で提供しなくてはなりません。
エコノミークラスでは、トレーにセットしてある基本メニューは次のようになっています。

 

 

 

1, メインディッシュ「温かく加熱して提供する肉類か魚類、チキン、エスニック料理」などが一般的ですがご飯を含むものもあります。」
2, サイドディッシュ「サラダなどの野菜ものか、蕎麦、寿司、キムチなどの発着国の物が多く出されます。」
3, パン
4, デザート菓子またはフルーツ類
5, ドリンク「コーヒー、ティー、ソフトドリンク類」
6, アルコール類「ビール、ワインなどは無料の場合が多いですがその他の酒類は有料の場合が多い」

 

居酒屋 個室ならBEONE 〜ベオーネ〜 横浜店

 

航空会社間の顧客獲得競争が激化している中で機内食の影響が大きいということで、最近は各航空会社の特色を出すために、日本航空では和食をメニューに入れたり大韓航空ではビビンバなどの韓国料理、タイ航空ではタイカレーなどのタイ料理、インド料理などのエスニックスタイルを導入する路線が増えております。
エールフランスではシャンパンとパンの提供をしています。
しかし、頻繁に海外を往復する商社マンや企業関係の方々の中には自分で駅弁やインスタント麺などを持ち込む方も増えております。