機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。食

機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。

世界中のハブ空港では毎日数え切れないほど多くの航空便が離発着しております。

 

世界には10.000以上の空港がありますし、アメリカのアトランティック空港などでは年間に100万回近くもの離発着がありますので世界の空港での離発着便の合計は膨大な数字になります。

 

http://www.hotpepper.jp/strJ001000180/

 

現在は航空機が大型化して来ましたので1機の大型機には400〜550人もの乗客と乗務員数も20〜30名にもなります。

 

この様に世界中を飛行機を利用して移動する人数の合計は数億人以上になると考えられます。

 

この様に世界を飛び回る国際旅客機では数多くの機内食が提供されますので膨大な数の食事が作られて食べられていることになります。

 

国際線は距離も時間も長いですから多い時には3食の機内食が出されます。

 

下町酒場さしすせそ

 

国際線の飛行機は渡航先で長時間になることが多いのですが機内食は楽しみの一つです。
一例として日本からカルフォルニア州のロサンゼルス空港までの飛行ですと、大抵のフライトは日本の成田空港を夕方に離陸して約9時間の飛行になります。

 

成田を離陸して予定の高度まで到達するのに約30分はかかりますが、巡航軌道に乗リマスとドリンクなどが振舞われますが離陸後2時間ほどしますと夕食時間になります。

 

エコノミークラスでは一般的には2種類から飛行機会社によっては3種類の異なるメニューが用意されておりますので自分の好みのものを選びます。

 

 

 

航空会社によって用意されているメニューはかなり違いますが、通常は肉料理かチキン、または魚料理が基本に合っています。

 

長距離の飛行時間の間で機内食の時間は楽しみな時間になります。