制約が多い中での機内食はいまいち

制約が多い中での機内食はいまいち

国際線の長距離飛行では機内食の時間は飛行時間を短く感じさせてくれる楽しみな時間でもあります。

 

エコノミークラスでは一般的には肉料理か魚料理、チキン料理から自分の好みの料理を選択しますが、アジア系の航空機ではお国のエスニックなメニューが用意されていることが多いようです。

 

http://r.gnavi.co.jp/gc5n502/

 

エスニック料理も国柄でタイ料理や韓国料理、日本料理などを機内食用にアレンジしたものが出ます。

 

なにしろ狭い座席ですから、前列の座席に付いている折りたたみテーブルを伸ばした上ですべての料理がセットされますから食べるにも気を使います。

 

ディナーセットにはプラスティク製の弁当箱上の容器に入ったメイン料理の他に、パンとバター、野菜サラダ、フルーツ、珈琲やティーも用紙されています。

 

食べログで人気の高い町田のイタリアンはトラットリア シェ ラパンです

 

アルコールが好きな方にはビールやワインもありますので注文すれば無料で持ってきてくれます。

 

しかし、大体の機内食は集中的なセントラルキッチンで前もって調理してから冷凍保存しているものが多いので基本的に味の点や素材感は褒められるものでは有りません。

 

高田馬場 居酒屋

 

世界機内のなかで電子レンジで温めてサービスされるのですから仕方ない面がありますが、もう少し工夫の余地があるのではないかと素人ながら感じます。

 

ビジネスクラスやファーストクラスになりますと、ある程度は肉や魚の食材もエコノミークラスに比べますと上質なものが出てきますが、基本的な味付けや制約された範囲での調理法になりますので本来のレストランで出てくる状態とは程遠い感じがします。