機内では食事を美味しく感じられない

機内では食事を美味しく感じられない

理由は分かりませんが機内食はどの航空会社においても決して誉められるものでは有りません。
確かにファーストクラスやビジネスクラスでは、献立もある程度は吟味されたメニューを取り入れておりますが何故か味については美味しいとは言えません。
確かに機内では料理を美味しく引き立てる人の五感が平地にいるようには働きません。

 

完全個室居酒屋なら紅音がおすすめ!

 

1万メートルもの高度を飛行しているのですから、航空機医学でわかっておりますこととして「気圧の関係で胃腸系等の内臓が膨張している」や「機内の空気が乾燥している」「体を動かせないので血液循環が悪くなっている」・・・などの身体的に異常な状態になっていることが分かっております。
そのような身体的状態では料理を美味しく食べるための正常な味覚も衰えておりますし、乾燥した空気ですので鼻の中も乾燥して嗅覚が麻痺しています。
胃腸が膨張して正常に機能しておりませんので食欲中枢神経も味覚に対して正常に働いておりません。

 

代々木公園のカフェならこちらがおすすめ

 

また、人の味覚というものは初めに美味しそうに盛り込まれた料理を視覚的に捉えて食慾を増進します。
次に料理の美味しそうな匂いに釣られて食慾が増します。
聴覚的にも心地よい音楽などで雰囲気があって初めてくつろいだ雰囲気で食欲も出るものです。

 

横浜の個室といえばコチラ

 

機内ではこれらの全ての感覚器官が以上になっておりますので実際の料理の味が正確に認識できないという問題点もあります。
このような説明をある航空会社の専門家から聞かされたことがありますが、自分で持ち込んだ高級和食弁当を機内で食べましたが地上で食べるほどでは有りませんが、機内食より美味しかったという事実もあります。