機内食はどこでつくるの?

機内食はどこでつくるの?

飛行機の機内食が機内で作られているなどと思っている人はいないでしょうが、どこで作っているかをはっきり知っている人もそれほど多くはないと思います。もちろん飛行機の中では火を使うことはできませんから料理を作ることはできません。

 

新潟の居酒屋は個室が便利

 

それ以前にできるだけ軽量化を目指している飛行機のことですから、いかに大きなジャンボジェット機であろうとも、大型客船のように、機内に料理を作るための大きな厨房など設けることは不可能です。では機内食はいったいどこで作っているのでしょうか。機内食を作るのは空港に隣接された工場です。こうした工場はたいてい大手レストラン系とかホテル系のケータリング会社が製造を担当しています。

 

五反田の居酒屋選びは個室をチェック!

 

空港に隣接されているのはできるだけ時間をかけず機内に持ち込むためです。【機内食はどのように製造され、どのようにして機内に持ち込むのか】機内食は空港に隣接された工場で365日24時間のフル創業で生産されています。年中フル操業しているのはできるだけ短い時間で機内に持ち込むためです。つまり鮮度を保つため、製造から機内積み込みまでの時間をなるべく短縮するためなのです。

 

渋谷のリーズナブルなイタリアン

 

工場ではだいたい飛行機の出発8時間前に生産を開始します。そしてできたものを順番に冷蔵庫に保管していきます。全部でき終わると飛行機の出発に合わせて機内に積み込みます。機内ではそれを客に出すまでの間、品種ごとに大型冷蔵庫に保管します。

 

そして時間がくると機内で盛り合わせを行って客にサービスするのです。このように生産からサービスまで衛生管理の為にできるだけ短い時間で作業を進められるように製造や積み込みの行程と時間がきっちりと決められているのです。