美味しすぎると評判のシンガポールエアライン。

美味しすぎると評判のシンガポールエアライン。

シンガポールは日本人にとって身近な国。
ビジネスで訪れる方も多いでしょうし、観光資源にも事欠かないこともあって世界中から観光客が訪れます。

 

シンガポールというと思い浮かべるのはシンガポール航空の機内食の美味しさ。
世界を股にかけるビジネスマンから、たまたまシンガポール航空を利用した観光客に至るまで絶大な賞賛を集めています。

 

シンガポール航空では、出発の24時間前までに、機内食のメインコースを事前に選べるという「ブックザクック」というシステムを展開しています。
機内食というと、実際に出されるまで何を食べさせられるか分からないとか、メニューの選択肢がどうなのかとか不安なことも多いですよね。

 

ブックザクックでしたら、リストの中から好きなメニューを選ぶことができるのですから普通のレストランと同じ感覚で機内食を利用することが出来ます。
シンガポール航空では「特別食」が充実していることも特徴の一つ。

 

ベジタリアン向けの食事などはもちろん、フルーツだけで構成された
「フルーツプラッター」は食欲がないときに最適です。
カロリーコントロールしている方には「ローカロリーミール」がいいでしょう。

 

塩分のコントロールをしている方には「ローソルトミール」を利用すれば、塩分を極力制限した食事を楽しむことができます。
シンガポール航空の機内食が美味しいと言われているのは、メニューの工夫もさることながら、世界的に有名なシェフがチームに参加している影響が大きいでしょう。
日本からも和食の料理長が参加してシンガポール航空の機内食の美味しさを支えています。
機内食もいいですが、こちらのイタリアンも機内食に負けてはいません。http://shinjuku-nuovo.com/