機内食のどこに工夫をするか?

機内食のどこに工夫をするか?

飛行機の長旅で期待するのが美味しい機内食。
狭い機内での長時間の拘束というとDVDか機内食しか楽しみがありません。
人気のエアラインによっては、ほぼ同時刻に複数の線が乗り入れしていることが普通にあります。

 

そのような状況の中で、自社の航空機を選んでもらうためには機内食も魅力的なものにせざるを得ないというのは航空会社の本音でしょう。
美味しさにこだわるには、作り手であるシェフに最高の人材を揃える方法があります。

 

例えば、KLMオランダ航空ではオランダの一流シェフが監修しておりますし、他の航空会社でも一流シェフが料理をしていない航空会社を見つけるのが大変なほど一流シェフはポピュラーな存在です。
美味しい料理のために食材にこだわる方法も昔からなされてきました。

 

出発地の特色のある素材を使われた機内食であれば旅の趣も深くなることでしょう。
これだけのこだわりがあると、機内食のほうがレストランよりも美味しいということが別に珍しいことではなくなってきますよね。
もう一つ、機内食には決定的に足りないものがありました。

 

それは、食事の際の雰囲気。
どんなに美味しい料理でも味気ない器に盛られてきたのでは美味しさも半減です。
KLMオランダ航空では、マルセル・ワンダースがデザインしたテーブルウェアを使用することにより、素晴らしいお料理にふさわしい雰囲気を演出します。

 

航空機内という環境にあることは仕方ありませんが、機内食を美味しく味わってもらうための様々な試みは利用者としては嬉しい限りですね。
飛行機を降りて大阪梅田に行く機会があったら、こちらの個室居酒屋蔵之助がおすすめ。http://umeda-kuranosuke.com/