機内食・ファーストクラスの豪華メニュー

機内食・ファーストクラスの豪華メニュー

国際線の機内食は「ファーストクラス(ビジネスクラス)」と「エコノミークラス」ではメニュー構成が違っています。一般的にエコノミークラスでは一品料理が主体になっていることが多いのですが、ビジネスクラスではコース料理とアラカルト(一品料理)の選択性になっているところが多いようです。例えばJALの場合ですと和食か洋食の選択になっていますが、いずれの場合も高級料亭や高級レストラン並みのメニューラインナップになっています。

 

 

 

【日本発国際線機内食の豪華なメニューラインナップ】日本発の国際線ビジネスクラスの機内食はたいていの場合が和食か洋食の選択性になっているようです。例えばわが国を代表する航空会社JALのメニューの豪華さには目を見張るものがあります。<ファーストクラス和食メニュー>日本全国から取り寄せた食材を使って腕利きの調理人により、地方のこだわりを大事にした調理法や味付けを徹底的にとり入れています。

 

 

 

どの料理も日本料理独特の繊細な味を大事にしています。また最上級のコシヒカリを使った炊き立て御飯が提供されます。<ファーストクラス洋食メニュー>日本発国際線欧米路線の洋食メニューは有名なミシュランガイドで三ツ星の栄誉に輝いた実力派シェフによる超一流レストラン並みの高級コース料理が用意されています。アミューズブーシュ(突き出し)に始まってアペタイザー、メインディッシュ、デザートと進んでいき、その料理はまさに特選メニューのラインアップと言っていいでしょう。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058439/

 

これこそ国際線ファーストクラスならではの醍醐味です。