機内食多様化時代の綿密な準備

機内食多様化時代の綿密な準備

世界には1万箇所を超える空港数があってアメリカなどのアトランティック空港などのように年間に100万回に近い航空機の離発着便あるものもありますし、大型化された航空機の時代ですから一機の飛行機に350人〜450人もの搭乗客プラス乗務員が乗っているのですから世界を飛び回っている人数は膨大な数字になります。
一節では2012年で世界の旅行者総数は実に10億人を突破したと言われておりますので、世界人口の13%にもなっているのです。
このような人数に対して1回のフライトに1〜3食もの機内食が提供されるのですから、大変な事業とも言えます。

 

名駅で居酒屋をお探しなら、小料理バル ドメが人気です!

 

これらの機内食はほとんどが航空会社の系列の子会社などの機内食専門会社が調理しておりますが、機内食には飛行機の中という制約の範囲での調理になりますので作る側の努力も大変なものがあります。
地上でのレストランのように大きな制約がない場合ですと自由な発想でメニューを考えて料理を作れますが、機内食は狭い機内での限られた時間内であることとセントラルキッチンで作って容器に盛り込んだものを機内で温めるだけですので本当の地上のレストランのようには美味しく出せません。

 

川崎 居酒屋 個室なら陣

 

また、近年では食物アレルギーの問題もありますし、糖尿病などの疾病に対する食事内容や低カロリー食、減塩食、低コレストロール食、や宗教上の理由での食事制限問題などもありますので機内食の調理にも綿密な仕分けが必要になっています。

 

http://r.gnavi.co.jp/m5yth3z70000

 

このように昔の時代とは違って機内食に対する要望が多様化されておりますし、その特別メニュを間違いなく決められた飛行機に搭載して間違いなく当該のお客様に提供するというきめ細かさと正確な対応が要求されているのです。