最近の機内食の傾向

最近の機内食の傾向

機内食は美味しくない、機内食は健康によくないという具合に、マイナスのイメージを持っている人も少なくないでしょう。

 

しかし機内食も日々進化しています。
従来は機内で「チキンorビーフ」と聞かれ、どちらも食べたくないという人もいたかもしれません。
ですが現在は、ヘルシー志向な機内食を提供する航空会社が増えてきています。

 

その理由は、グローバル化社会により、航空会社を利用する人が増えました。
そしてその中には、ヒンズー教やイスラム教などのように、宗教上の理由で食べられない食材がある人も少なくありません。

 

またアレルギーがある人や健康志向の人でも食べる事が出来る、ベリタリアン対応の機内食を用意している航空会社も増えてきています。

 

現時点では、ベリタリアン対応の機内食は、特別メニューとして予約が必要なケースも少なくありません。
ですが通常メニューに、ベジタリアン対応の機内食を選べる航空会社もすでに存在しています。

 

またベジタリアン対応の機内食を用意する事は、航空会社にとってもメリットがあります。
それは、機内食で消費者から支持されれば、集客力が高まります。
航空会社のイメージ的にもアップするはずです。

 

ただし、オーガニックなどのヘルシーメニューは、保存料などを使用していないため健康的です。
ですが食中毒などのリスクが高まると困りますよね。

 

確かに機内食とは、上空で出来立てを提供する事は難しく、調理してから数時間以上経過したモノを提供しています。
そのため、生魚や生野菜など、鮮度が求められるものを使用するのは、難しいと言えます。

 

ですがパンや野菜ジュース、温めるだけの無添加スープなど腐りにくい加工商品で、メニューを構成する事は可能です。

 

ただしオーガニックに拘ると、どうしても原価が上がってしまう事は避けられません。
ですが多少原価が上がったとしても、経費削減は機内食以外の部分で行えばいいのです。

 

長いフライトの中で、食べる事だけが唯一の楽しみという人もいるでしょう。
そんな人に、健康的で美味しい機内食を提供する事が、航空会社にとって乗客から最も喜ばれるサービスだと言えるでしょう。

 

また機内には食品の持ち込みは出来ないと思っている人もいるかもしれません。
確かに飲み物などの液体に関しては、持ち込みが不可となっています。
ですが食品やお菓子は持ち込みがOKです。

 

そのため自分が行きたい国際線の路線で、ヘルシーな機内食が提供されていない場合は、
機内食は食べずに自分で用意した食事で食べるのも選択肢の1つです。
機内食を食べないなんて勿体ないと思うかもしれませんが、
機内食が原因で体調を崩し、旅行が楽しめない方がよっぽど勿体ないですよね。

 

 

最近の機内食の傾向関連ページ

機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
美味しくない機内食
美味しくない機内食
機内食の安全性について
機内食の安全性について
機内食を美味しく食べる裏ワザ
機内食を美味しく食べる裏ワザ
ベジタリアン用の特別メニュー
ベジタリアン用の特別メニュー
機内食を改善する条件
機内食を改善する条件
機内では食事を美味しく感じられない
機内では食事を美味しく感じられない
制約が多い中での機内食はいまいち
制約が多い中での機内食はいまいち