機内食とお酒について

機内食とお酒について

機内食では、飲み物のサービスも提供しています。
座席のグレードによって、飲み物の種類は異なりますが、お茶やコーヒーはもちろん、ジュースやスープ、お酒も用意してあります。

 

お酒の種類も多岐にわたり、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、シャンパンなどを楽しむ事が出来ます。
ちなみにビジネスクラス、ファーストクラスでは、機内食のレベルだけでなく、お酒のレベルもアップします。
日本酒で1番人気の「獺祭」もビジネスクラスでは、取扱いがありますし、その他のお酒の種類も充実しています。

 

海外旅行では、行き先によってフライト時間は異なりますが、十数時間以上乗るケースも珍しくありません。
そうすると、いくら映画を鑑賞したり、音楽を聴いて過ごしたりする事が出来ると言っても、長すぎて飽きてしまいます。

 

そのため旅行先でたくさん遊ぶために、体力の温存をしようと、眠ろうと思っても、なかなか眠気がやってこない。
そんな時にお勧めしたいのが、お酒の力を借りる事です。
お酒に弱い人なら、少量ですぐに眠くなってしまう人も少なくありません。

 

ただし注意点としては、機内では飲み物を無料サービスで提供している航空会社も少なくありません。
そのためお酒が好きな人は、無料だとついつい飲み過ぎてしまう傾向があります。
ですが、機内では通常と気圧が異なり、お酒が体内に与える影響力が異なります。

 

つまり機内だとお酒に酔いやすいのです。
その理由は、上空では気圧が低下していて、酸素の分圧も減少しています。
その結果、1回の呼吸で体内に入る酸素の量が2割弱減るため、血液中の酸素濃度が低くなり、酔いやすくなるという訳です。

 

また酔っぱらってフラついた状態で、トイレに行く行為も危険です。
ただでさえフラついているのに、時折気流の関係で機体が揺れる事があります。
機体が揺れると、足元の踏ん張りが効かずに、転倒してしまうリスクが高まります。

 

そのため機内では、お酒に強い人であっても、ほろ酔い加減になる程度で、お酒の量を控える事をお勧めします。
また飲むスピードを抑えるため、空腹の状態でお酒を飲まないように、おつまみも一緒に食べて下さい。
機内食をおつまみにしてもいいですし、有料サービスになりますが、スナック菓子等の機内販売を行っています。

 

眠るとすぐに、飛行機は目的地に到着してくれるので、フライトの長さを苦痛に感じずに、移動時間を過ごす事が出来るでしょう。

 

また機内食は、なるべく食べる事をお勧めします。
なぜかというと、機内食は現地時間に合わせて出されるので、胃腸の体内時計を調節するのに適しているからです。
機内では時計も現地時間に合わせて行動しておくと、時差ボケになりにくいと言えるでしょう。

 

 

機内食とお酒について関連ページ

機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
美味しくない機内食
美味しくない機内食
機内食の安全性について
機内食の安全性について
機内食を美味しく食べる裏ワザ
機内食を美味しく食べる裏ワザ
ベジタリアン用の特別メニュー
ベジタリアン用の特別メニュー
最近の機内食の傾向
最近の機内食の傾向
機内食を改善する条件
機内食を改善する条件
機内では食事を美味しく感じられない
機内では食事を美味しく感じられない
制約が多い中での機内食はいまいち
制約が多い中での機内食はいまいち