ベジタリアン用の特別メニュー

ベジタリアン用の特別メニュー

ベジタリアンの人は、動物性食品、乳製品、卵など食べる事が出来ない食材がたくさんあります。
そのため国際線で出される機内食は、どれも食べる事が出来ないと諦めている人もいるかもしれません。

 

機内には、検査に通過すればお弁当などの、食べ物を持ちこむ事は可能です。
しかし、せっかくお弁当を持ちこむつもりで用意していても、お弁当容器の種類によっては、危険物に該当する場合があります。
旅慣れしていない人からすると、どこまで持ち込みOKなのか、分かりにくいですよね。

 

それに用意していたお弁当が持ちこめなかった場合に、
旅行先によっては10時間以上のフライトで何も食べられないのは、お腹が空いてしまいます。

 

ですがベジタリアンでも、事前に予約をしておけば、ベジタリアンミールを使用した特別メニューを機内食で用意してくれます。

 

ベジタリアンと一言でいっても、何を食べる事が出来るのかは、人それぞれ異なりますよね。
大手航空会社では、ベジタリアン向けのメニューとして、5種類のメニューが用意されています。

 

その内訳は肉や魚は使用せず、卵や乳製品は使用しているメニュー。
肉、魚、卵、乳製品、ハチミツなど動物由来の食品は一切使用していないメニュー。
ヒンズー教徒向けの肉、魚、卵は使用せず、スパイシーな味付けのメニュー。

 

生の野菜と果物以外の材料は、一切含まれない生ベジタリアンの人用のメニュー。
動物由来製品、卵、乳製品を一切使用せず、東洋風の味付けのメニューです。

 

実はこれらのメニューは、通常メニューよりも手が込んでいます。
そして再加熱をしてパサつく原因になる肉や魚類が使用されていない事もあり、通常メニューよりも美味しいと評判です。
特に機内食には、あまり期待していないという人でも、生ベジタリアンの人用のメニューであれば、生の野菜と果物がメインの食事です。

 

これなら機内だろうと機外だろうと、味に大差がないので、美味しくないと感じる心配がありません。
それに考えてみて下さい。

 

 

 

旅行の楽しみは、旅行先でのグルメという人も多いでしょう。
旅行日数が決まっている以上、旅行中に食べられる食事の量は、ある程度決まっています。
なので、旅行先で、美味しい食事をするためには、機内食でお腹いっぱいになる事は、出来れば避けたいところだと言えるでしょう。

 

そういう意味においても、機内食は、箸休め的な気持ちで、
低カロリーでヘルシーなベジタリアンミールを使用した特別メニューを選ぶのが賢い選択なのかもしれません。
空腹は最大の調味料とも言われています。そのため機内でお腹が空いていないのであれば、機内食を無理に食べるよりも断る事も賢明です。

ベジタリアン用の特別メニュー関連ページ

機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
美味しくない機内食
美味しくない機内食
機内食を美味しく食べる裏ワザ
機内食を美味しく食べる裏ワザ
機内食を改善する条件
機内食を改善する条件
機内では食事を美味しく感じられない
機内では食事を美味しく感じられない
制約が多い中での機内食はいまいち
制約が多い中での機内食はいまいち