機内食を美味しく食べる裏ワザ

機内食を美味しく食べる裏ワザ

国際線では、長時間のフライトとなるので、機内食が付いてきます。
その機内食を美味しいと感じる人もいれば、美味しくないと感じている人もいるでしょう。
ですが日本人が機内食を食べる場合、日本発便の機内食は美味しいと感じ、帰国便の機内食は美味しくないと感じている人が多いようです。
このような結果になる理由は、単純明快です。
日本発便の機内食は、日本国内で作られた食事です。
そのため日本人の口に合うように作られています。

 

対して帰国便の機内食は、海外で作られています。
なので、一見メニューは同じように見えても、調味料などに違いがあります。
そのため、海外の調味料を食べ慣れていない日本人には、美味しくないと感じる訳です。

 

ですが旅行や仕事で国際線を利用する際に、機内食が美味しい日本発便しか利用したくないというのは不可能ですよね。
どうしたって帰国便もセットで利用する事になります。

 

それなら帰国便の機内食だって、美味しく食べたいですよね。
そこで帰国便の機内食を美味しく食べるための裏ワザについて紹介します。

 

まずメニュー選びが重要になります。
機内食がパサついていると感じる理由は、機内食を配膳前に再加熱しているためです。
なので、再加熱をしても水分が残る水分量が多いメニューを選ぶ事がポイントだと言えます。

 

例えば煮込みハンバーグ、ソースやスープ類も再加熱をしても、パサつきにくいメニューです。

 

また特別メニューとして用意されているスペシャルミールを選ぶ事もオススメです。
知らない人もいるかもしれませんが、機内食には通常のメニューとは別に特別メニューが用意されています。

 

ヒンズー教徒は豚、牛、魚を食べる事が出来ませんし、イスラム教徒は豚を食べる事が出来ません。
このように世界には宗教上の理由で、特定の食べ物が食べられない人が存在します。
そのため用意された特別メニューですが、通常の機内食よりも注文数が少ないため、先に配膳されて鮮度がいいので美味しいと評判です。

 

宗教上の理由がない人でも、事前に予約をすれば特別メニューを食べる事が可能です。

 

通常メニューを美味しく食べる裏ワザは、機内食に付いてくるバターで、味を美味しく変える方法です。
例えばご飯がジャスミンライスやワイルドライスの場合、白ご飯にはないクセを感じて苦手という人も多いでしょう。
ですがクセが強いご飯には、バターを乗せて食べると、お米にツヤ感が出て美味しくなります。

 

またご飯以外にも、チキンのパサつきが気になるという場合にも、バターを乗せるとバターソテーのようになり、美味しく食べる事が出来ます。
 

 

機内食を美味しく食べる裏ワザ関連ページ

機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
機内食を楽しんで長い飛行時間を過ごす。
美味しくない機内食
美味しくない機内食
機内食の安全性について
機内食の安全性について
ベジタリアン用の特別メニュー
ベジタリアン用の特別メニュー
機内食とお酒について
機内食とお酒について
最近の機内食の傾向
最近の機内食の傾向
機内食を改善する条件
機内食を改善する条件
機内では食事を美味しく感じられない
機内では食事を美味しく感じられない
制約が多い中での機内食はいまいち
制約が多い中での機内食はいまいち